引越し 手続き

引越しにおける手続きとは?

引越しに必要な各種手続き

引越しをするということは新しい部屋に住み、住所も変わり生活も変化することでしょう。
その場合にはしなくてはならない手続きというものが沢山あります。

 

転出届・転居届

 

転出届というものは、引越す前の住所の市区町村の役所に行き、書類手続きの後、発行してもらうものです。
新しい住所の入居日の二週間前から発行してもらうことができます。
現在住んでいる市区町村の中で引越す場合は転居届を発行してもらいましょう。
どちらにしても新年度や、新学期、俗に引越しシーズンと呼ばれている時期は手続きをする人で役所の窓口はごったがえすことでしょう。
できるだけ早めに市役所に足を運ぶのが良いでしょう。
実際に現在の住所を離れる日の1週間以上前には既に手続きを終わらせている状況が理想です。

 

転入届

引越した先の新住所の市区町村に提出するのが転入届です。
提出先は新しい住所の役所になります。役所には住民票を発行してもらったり、引越し後は色々とお世話になるところなので場所は事前に調べておきましょう。
同じ市区町村の中での引越しの場合は転居届を出せば手続きが終わるので、転入届の必要はありません。

 

郵便局への届け出

書類を提出するのは役所だけではありません。郵便局にも事前の手続きが必要となります。
この手続きを怠ると、郵便物や配達物が古い住所に届けられてしまいます。宛先不明になると差出人に返されてしまうので必ず郵便局にも手続きをしておきましょう。、
きちんと郵便局に転居届を出せば、1年間は無料で転送してくれるサービスもありますので、お忘れないように注意して下さいね。

 

電気、ガス、水道

電気やガス、水道も手続きを済ませなくては使用できません。
電気会社と水道会社には事前に連絡をして「何月何日から転居します」という移住の旨を伝えておきましょう。
ガスをつなげる場合には立会い等が必要になるので、立会いのできる時間帯や都合の良い日も伝えましょう。
料金の振り込み方法も今ではコンビニ振込みや、払い落としなど色々選べますので、電話した時にでも先方に希望を伝えておくとスムーズです。

 

電話回線、インターネット

固定電話を設置する場合には電話会社への連絡が必要です。電話をつながなくてもインターネットをする場合はやはり電話回線は必要です。
ネット回線は選ぶ物件によってはあらかじめをひいている場合があるので、不動産会社か大家さんに聞いてみるのが良いでしょう。
最近の物件はほとんどつながっているとは思いますが、一軒家かマンションかでも料金に違いがあるので、早めに確認し、手続きをしましょう。

 

運転免許証

運転免許を持っている方は、役所に転入届を出した後に住所変更の手続きをしましょう。
住所の変更をしなくても、免許自体の効力が失われるわけではありませので、法律上車に乗れなくなることはありません。
ただ、免許書を本人証明書として提示する場合に、住所の相違が見られると証明書としての役割が果たせなくなりますので注意が必要です。
免許証の住所変更は転居後すぐにしておくとよいでしょう。

 

自動車・駐車場

自動車をお持ちの方は新たな駐車場を届け出る車庫証明の発行と車検証の住所変更の手続きが必要です。
まず、車庫証明書の発行を住所を管轄する警察署に申請します。
書類には駐車場の図面を正確に記入する欄もあるので、事前に計測するか、大家さんに確認してみると良いでしょう。
駐車場は、新しい住所から2キロ以内と定められていますのでご注意下さい。

 

色々な手続きがあっていっぺんに言われると面倒に感じますが安全に暮らしていく上で大事なことなのできちんと手続きを踏むことをオススメします。

複数社への引越し見積りは「ズバット」が便利

今までの見積りは、引越し料金の相場を把握したり、各社のサービスを比較するにはかなりの労力が必要でした。HOME'S引越し見積もりでは、入力フォームに引越しの内容をたった1回入力するだけで、複数の引越し業者への見積もり無料で依頼する事ができます。



>>>無料一括見積もりスタート<<<


ホーム RSS購読 サイトマップ