引越し前 準備

引越し前の準備とは?

引越し前の事前準備はしっかりと!

スムーズに引越しを進めるためには無理のない計画を立てることが肝心です。

 

持って行く荷物や、処分するもの。新しい部屋への契約と、出る部屋の解約、掃除。電話回線やプロバイダ契約の手続き。
しなくてはいけないことはたくさんあります。

 

不要品の処分

まず、持って行くもの。持って行かないものを分けましょう。
どうしても必要なもの以外であれば引越しの前に処分することを薦めます。物が多いと引越し費用、引越し時間もかかってしますし、新居の収納の問題もあるでしょう。
広い家に引っ越す場合でも、新しく買い揃えたりして物は増えていくことが多いので、処分するのなら早めに業者やリサイクルショップへ連絡しましょう。

 

部屋の掃除

立つ鳥、後を濁さずの言葉通り、やはりこれまで住んでいた部屋を綺麗にして返すのが礼儀でしょう。
通常は前の借主が引き払った後、ハウスクリーニングの業者が隅々まで掃除をするので、そこまで神経質にならなくても大丈夫ですが、綺麗に掃除することで、
返ってくる敷金が増える場合が場合があります。逆に状態が酷い場合は修理費を取られたりするので、気になるところは早めに掃除をしましょう。

 

プロバイダ契約

もし引っ越し先でもすぐにネットを使いたいならば、プロバイダ関係の手続きは早めにやっておきましょう。新居で既にインターネット回線が引いてある場合は、
どこのプロバイダなのか、新しい部屋に移る場合は料金の変動やコース変更など注意しなくてはいけない点がたくさんあります。
契約を変える場合は何日以降は次の月までサービスを受けれないなんてことがあるので、他の手続きよりも優先して手をつけたいところです。

 

引っ越し前の挨拶

引越しの日の前までに、これまでお世話になった方々への挨拶を済ませておきましょう。
もちろん引っ越したあとでも挨拶に行くことはできますが、事後報告になってしまうので、それなら事前の挨拶、報告の方が失礼にあたらないでしょう。
引越しが近づいてくるとバタバタと時間にも余裕がなくなってくるので、お世話になった近所の方などには、どうか早めの挨拶を。

 

大家さんへの連絡

入居審査などで既に顔は合わせているのでしょうが、入居日が決まり引越しの具体的な時間帯などが決定したら、やはり改めて大家さんに事前に連絡するべきでしょう。
これからお世話になる方ですから電話番号を控え、緊急時連絡先も聞いておいて損はないはずです。

 

鍵の返却

引越しの日に、今まで使っていた鍵を返却することになりますが、きちんと確認をしないとこれもトラブルの元になります。、
返却は契約時にもらった鍵の本数分返すので、きちんと数を確認しましょう。通常2本以上渡されてるものです。
もし足りなければ、大家さんはシリンダーの交換をする事になるので、賃貸借契約が終了して賃借人が退去を済ませたときに返還される敷金や保証金から減額されます。
どこにあるか分からない場合は事前に探しておきましょう。

 

効率よく計画を進めるためにはチェックリストを作って早め早めにスケジュールを組むようにしましょう。
スケジュールに余裕を持たないと引越しの後片付けが終わらず、新しい生活に支障をきたすことになります。
確認を怠らず、確認後はリストにチェックを付けてしっかりと引越し準備を進めましょう。

複数社への引越し見積りは「ズバット」が便利

今までの見積りは、引越し料金の相場を把握したり、各社のサービスを比較するにはかなりの労力が必要でした。HOME'S引越し見積もりでは、入力フォームに引越しの内容をたった1回入力するだけで、複数の引越し業者への見積もり無料で依頼する事ができます。



>>>無料一括見積もりスタート<<<


ホーム RSS購読 サイトマップ